韓流ファンになって思うこと

「宮廷女官チャングムの誓い~大長今~」のファンになって三年。
朝鮮の歴史に興味を持つようになり、今まで、いかに彼の国について知らなかったかを認識し、かの国の歴史や文化についてくわしい人たちが、チャングムファンたちに提供してくれる情報に感心し、感謝しつつ……

一方で、2ちゃんねるあたりでは必ず張られるコピペや、あるいは、ブログに掲載される、いかにも嫌韓とか反韓とかいう感じの記事とか、それから、ごくふつうのまじめな人のブログや、非常に知識が豊富で冷静で公平な感じの方の投稿でも……

韓国について語る時、
韓国は、こーんなに遅れただめな国だったんだよ、
日本は、韓国に、こーんなに親切にしてあげたんだよ、
でも、韓国は、こーんなに恩知らずなんだよ、
っていう語り口になることが多い。

私が思うに、

たぶん、USAあたりの人が日本について語る時も、
日本は、こーんなに遅れただめな国だったんだよ、
USAは、日本に、こーんなに親切にしてあげたんだよ、
でも、日本は、こーんなに恩知らずなんだよ、
っていう語り口になるんじゃないかな。

あるいは、

たぶん、ロシアあたりの人がポーランドとかフィンランドとかについて語る時も、
ポーランドやフィンランドは、こーんなに遅れただめな国だったんだよ、
ロシアは、ポーランドやフィンランドに、こーんなに親切にしてあげたんだよ、
でも、ポーランドやフィンランドは、こーんなに恩知らずなんだよ、
っていう語り口になるんじゃないかな。

あるいはまた、

たぶん、UKあたりの人がインドや中国とかについて語る時も、
インドや中国は、こーんなに遅れただめな国だったんだよ、
UKは、インドや中国に、こーんなに親切にしてあげたんだよ、
でも、インドや中国は、こーんなに恩知らずなんだよ、
っていう語り口になるんじゃないかな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック