オーストラリア人の人質の場合

オーストラリアの人道支援活動家Donna Mulhearnも、イラクに行って誘拐され、20時間後に解放されました。Donna Mulhearnさんが行ったのは、イラクのなかでも特に危険なさなかのファルージャでした。USAの民間人がイラクの群集のリンチで殺され、USA軍が報復のための虐殺を行った直後でした。
彼女が帰国する解放されると、首相と外相から批判されました。一般市民の間から擁護あるいは非難の声がどれぐらい出たのかは、わかりません。
オーストラリアはイラクに派兵していて、日本と同じように国論が二分しているそうです。

*参照
「極東ブログ」
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/04/post_23.html
「2004.04.24 イラク人質事件、さらに雑感」


◎政治家と人道支援活動家

http://www.theage.com.au/articles/2004/04/16/1082055630656.html
Aust hostage 'foolhardy': Howard
April 16, 2004 - 1:25PM
An Australian aid worker who had been captured in Iraq was foolhardy, Prime Minister John Howard said today.


John Howard首相はDonna Mulhearnを"foolhardy"と呼び、Alexander Downer外相はDonna Mulhearnさんの過去の「人間の盾」などの平和運動・政治活動歴から今回の人質事件まですべてとりあげてこっぴどく批判しています。

Donna Mulhearnさんは、首相がイラクについて煽動的なコメントをしたことがアラブのテレビで放送され、彼女を一層の危険にさらした、と批判しています。

Ms Mulhearn claimed inflammatory comments by Prime Minister John Howard, which were given wide airplay on Iraqi and Arab television in the preceding days, had placed her in danger.

She said at the time, "I realised quickly that my prime minister, John Howard, had placed me in great danger by making inflammatory comments about the war just a few days ago."


Downer外相は言い返しています。

"If they don't like the American marines or something like that, please don't protest by going into Fallujah and trying to become a human shield," he said.

"Go to America and stand outside the White House with a gigantic banner saying 'I'm from Australia and I protest'."


「USAの海軍だのなんだのが気に入らないのなら、どうかファルージャに行って抗議したり人間の盾になったりするのはやめてくれ、USAへ行ってホワイトハウスの前で特大の星条旗に向かって言ってくれ、『わたしはオーストラリアから来た、わたしは抗議する』」


外務大臣は、対等の人間として、反政府的活動家を批判しているように見えます。そう、USA映画なんかで、政治家とか保安官とか警察署長とか市長とかが、手に負えない一匹狼に腹を立ててかんかんになって罵倒しまくる場面がおもしろく描写されることがありますが、そんな感じです。
人道支援活動家も首相も外相も対等に喧嘩しているなあ。


◎テレビインタビュー

オーストラリアの放送局ABC(Australian Broadcasting Corporation)が、Donna Mulhearnにインタビューをしています。

*参照
http://www.abc.net.au/
http://www.abc.net.au/worldtoday/content/2004/s1088952.htm

The World Today - Friday, 16 April , 2004 12:21:27
Reporter: David Hardaker
TANYA NOLAN: And in Iraq overnight, a mix of good and bad news in the hostage crisis.


このインタビューで非常に印象的なのは、彼女は一言も謝らないし、市民のなかから謝罪を求める声があったようにも見えません。
インタビューは拉致されるときの状況をくわしく伝えています。また、誘拐犯人たちは、どうしてオーストラリアはイラクに派兵するのかと詰問し、Donna Mulhearnは、自国の軍隊がイラクに派遣されることに反対の立場であることを必死に説明したそうです。

DAVID HARDAKER: Donna Mulhearn had travelled to Iraq before the war as a human shield against the US-led coalition, and she's been there for the last five months doing humanitarian work in the streets.

She says that as an Australian she received a lot of attention because the militia had heard statements from Prime Minister John Howard reinforcing his commitment to having troops in Iraq.

DONNA MULHEARN: My interrogator said to me, asked me questions like, 'why does your Prime Minister want to keep・to send soldiers to Iraq from Australia? Why are Australians involved in a war in Iraq? What do Australians think about Iraqis?' And they were quite interested in the position of Australia in the war. So I was very much on my toes in having to point out to him my views, as opposed to the views of the Australian Government.


ただ彼女はUSAのジャーナリストと一緒にファルージャに行っていました。そっちのほうこそ大弱りで、彼はジャーナリストの証明書は見せたけど、パスポートは必死で隠していたそうです。助かったからよかったけど、もしこの人が殺されていたら、USAの政治家や一般市民は、なんて言うのだろう……

パウエル国務長官は、この、間一髪で潜り抜けたジャーナリストのことを知っていて、日本の人質たちもほめたのでしょうか。

*参照
Colin L. Powell On Release of Japanese Hostages
http://www.scoop.co.nz/mason/stories/WO0404/S00167.htm
Friday, 16 April 2004, 1:40 pm. Press Release: US State Department. Interview on Tokyo Broadcasting System International with Shigenori Kanehira. Secretary Colin L. Powell Washington, DC April 15, 2004

「2004年04月17日 パウエル米国務省長官の言葉・・・リスクと自由、責任」
http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~hirakawa/diary/archives/000035.html

ABCのインタビューの冒頭では、日本の人質が3人解放されたが、新たに日本人が2人誘拐されていることも紹介されています。
オーストラリアの人は、日本での人質批判をどう見るのかなあ。


◎懲りないDonna

Donna Mulhearnは誘拐される前に5ヶ月、イラクの戦災孤児のために家を提供したり、医療救援活動を行っていました。誘拐グループから解放された後も、まだ1ヶ月、イラクに残るつもりでいます。

http://www.stopwarcoalition.org/news/news_items.php?shownews=126

DONNA MULHEARN, AUSTRALIAN HUMAN SHIELD, REPORTS DIRECTLY FROM FALLUJAH
Monday, 19th April, 2004 (02:35 PM)

Max Watts writes:

WE HADN'T HEARD FROM DONNA MULHEARN FOR SOME DAYS, AND WERE, TO PUT IT MILDLY, WORRIED. HERE'S HER REPORT FROM FALLUJAH.

CoWARd's blah and Hermann Downer's "Ms Mulhearn is being reckless and is only in Iraq for political reasons" gives A PERFECT DESCRIPTION ? NOT OF DONNA, OF HER WORK (DURING THE PAST 5 MONTHS RUNNING A HOME FOR A SCORE OF HOMELESS IRAQI KIDS IN BAGHDAD, DRIVING INTO FALLUJA WITH MEDICINES AND BRINGING OUT WOUNDED BECAUSE ONLY THE WHITE FACES GAVE THEIR AMBULANCE / BUSSES A CHANCE OF NOT BEING KILLED BY THE US MARINES) ? but of what passes for "thinking" by Oz politicians. Other comments are not necessary.

I've just been told that Donna intends to stay, as she planned, in Iraq working for another month, six months in all.



*参照
Donnaと菜穂子
http://terutell.at.webry.info/200404/article_21.html
NEWS 2004/12/16
http://terutell.at.webry.info/200412/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通りすがり
2004年04月27日 12:25
> 彼女が帰国すると、首相と外相から批判されました。
Donnaは帰国していませんよ
てるてる
2004年04月27日 14:09
そうですね。4月19日付のファルージャからのレポートが平和運動のサイトに掲載されていて、オーストラリアのテレビのインタビューは4月16日ですね。その時点では拉致グループから解放されたけど帰国はしていないのですね。これはたいへん失礼致しました。

この記事へのトラックバック