てるてる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 避難訓練から始めましょう

<<   作成日時 : 2011/03/29 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ……、「蒼穹の昴」だけは、きっちり、しっかり、見届けたけど、そのほかは、ドラマも高校野球も見ずに、ビデオニュース・ドットコムばかり繰り返し見ています。

マル激トーク・オン・ディマンド 第519回(2011年03月25日)
特別番組「あえて最悪のシナリオとその対処法を考える


ついでに、こちらも、参考になりました。

3/19 原子炉と放射線について解説

私としては、ビデオニュース・ドットコムの神保さんがおもしろいので、そっちばっかり繰り返し見てしまうのですが、神保さんの何が、今、一番、気に入っているかというと、東北地方の大津波で生き残った人たちがいる。ある地域では、日頃から防災訓練を繰り返していた御蔭で、まるまる生き残った学校とか地域とかがある。それについて、研究したい、と言っている点なのです。

そこで、私、考えました。

これからは、原子力発電所のある町でも、日頃から、避難訓練を繰り返して、万一の場合は、寝たきりの人が置いてきぼりにされるとか、ゴーストタウンで飢え死にしそうな人が出てくるとかいうことがないように、各市町村、各都道府県で、避難計画を立てておかなければならない。

日頃の訓練では、
原子力事故の最悪の場合、放射線を大量に一度に外部被爆して細胞の再生機能が失われて壮絶な苦悶に満ちた恐ろしい死から、
一箇月ぐらいかかって大量の放射線を外部被曝して髪の毛が抜けたり下血したり皮下出血したりして死んでいく場合や、
何年もかかって内部被曝して白血病や甲状腺癌になる場合や、
胎児被曝の場合や、
何十年もかかって、内部被曝して癌になる場合などの例を、
ちょうど、運転免許の更新のときに交通事故のビデオを見せられるように、
おとなもこどもも、老若男女を問わず、希望者はいつでも、
誰も希望しなくても定期的に全市民が順繰りに視聴するようにして、
放射能の危険性を認識し、避難の重要性を理解するように、するべきだ!!

そういう訓練を繰り返し、避難計画を練り直していけば、
津波は自然の災害だから起こるのを防ぐことはできないけれど、
原子力発電所は人間が造ったものだから、
その気になれば廃止することができる。
いくら避難訓練を繰り返しても、そして、万一の場合、避難できたとしても、
その後、事故が起こった土地で生産される農産物、海産物は、市場に出すことができない。
原子力発電所を維持しながら避難訓練を繰り返すことと、
原子力発電所を廃止し、
他の発電方法、火力、水力、風力、地熱、などを模索することと、
どちらが帳尻が合うか、皆が真剣に考えて、答えを出すことができるのではないだろうか。

だから、まずは、避難訓練から始めましょう。
自分の住んでいる自治体に原子力発電所がある人は、
避難計画と避難訓練を要請する投書とか、したほうがいいと思います。


*参照

次期国政選挙は「脱原発・クリーンエネルギー」支持で
http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20110323/1300842850

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
避難訓練から始めましょう てるてる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる