てるてる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近、「チャングム」の感想を書くのをさぼっている件について

<<   作成日時 : 2007/09/17 11:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、というより、もう一箇月も、「宮廷女官チャングムの誓い〜大長今〜」の感想とあらすじを書いていない。

やはりこれを毎週続けるのはしんどい。

といっても、「ホジュン」もサンテレビで放送していた頃には、月曜日から木曜日までは「ホジュン」を見て、もう一つのブログでそのあらすじと感想を書き、金曜日は「チャングム」を見てこちらのブログでそのあらすじと感想を書く、ということを続けていたのだが、「ホジュン」の放送は終わったのに、「チャングム」だけになったのに、とうとう、続かなくなってしまった。

まあ、「チャングム」の感想とあらすじについては、くわしくておもしろいサイトがあるから、それをここで紹介しておくことにする。

ちゃんぐむ! ちゃんぐミ! ちゃんぐマ!
http://www.geocities.jp/e_changgum/index.html


あと、前から、存在していることは知っていたが、きょう、初めて書き込んだ、ファンサイトがある。それも紹介しておく。

大長今/宮廷女官 チャングムの誓い
『大長今/チャングムの誓い』日本ファン掲示板

http://leeyoungae.her.jp/daejanggum.htm
てるてる (2007-09-17 11:18:50)

[No.6]
日本人も、もともとは、敵討ちが大好きです。江戸時代の敵討ちの物語は、たくさん、あるでしょう。明治以後も、「巌窟王」が、大人気を博したでしょう。うちの母なんかも、敵討ちの話が好きです。第二次世界大戦後に作られた東映の時代劇でも、敵討ちの話はおもしろかったです。「雪之丞変化」とか。忠臣蔵は武士による主君の敵討ち、「雪之丞変化」は商人による親の敵討ち。
チャングムのドラマも、前半三分の二までは、敵討ちの話だったと言えると思います。このドラマのおもしろいところは、敵(かたき)の側も、その苦悩や悲しみ、また、人間としての魅力も充分に描かれているところです。
そして、敵を討った後にチャングムを襲う苦悩は、かつて、クミョンが経験した苦悩と重なります。文定王后の王子にとって邪魔になる東宮を毒殺せよとの命令。その命令を退け、私の命を奪ってくださいというチャングム。そのチャングムを守ろうとして、主治医に任命することを思いつく王。王は、しかし、チャングムに恋心を抱いてしまった。医女を妓生がわりにしてはいけないという命令を出した人なのに。そして、チャングムとミンジョンホの仲を引き裂くことに……でもでも、最後には、ミンジョンホとチャングムとが再会して、仕合わせな家庭を作って、大団円。よかったー。悲劇に終わらなくて。というわけで、このドラマが好きです。


*「雪之丞変化」
私がこどもの頃、家族そろってテレビで見たのは、大川橋蔵主演の「雪之丞変化」である。
googleで検索すると、長谷川一夫が主演したものが出てくるが、そちらは見たことがない。と思う。
とにかく、私は、こどもの頃、大川橋蔵のファンだった。

雪之丞変化 (マキノ雅弘監督、1959年東映作品)
http://mycinemakan.fc2web.com/anothermovie2/yukinojo.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えーと、こちらに書かせていただいてもよろしかったでしょうか?
この度は、うちのサイトを紹介していただいた上にリンクまで貼っていただいて、大変ありがとうございました。検索やポータルサイトではなく、リンクで来られるかたはうちでは稀なのでとても驚きかつよろこんでおります。(でも、確かかなり以前にリンクしていただいたことがありましたね。その節は御挨拶もせず失礼いたしました)
最初のインパクトからこれほど時間がたってもまだまだ余韻のさめやらぬチャングムワールドでのますますの御活躍をおいのり申し上げます。
む!ミ!マ!の管理人
2007/09/19 19:44
これは、御挨拶恐れ入ります。こちらこそ、驚かせてしまってすみません。喜んでいただけてやれやれですが。以前にもおもしろくてよく読ませていただいていました。一回目の放送が終わった後、行っていなかったのですが、今の三回目の放送を見ていて、何かを検索した拍子に、久し振りに行って、おもしろかったので、リンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
てるてる
2007/09/20 03:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近、「チャングム」の感想を書くのをさぼっている件について てるてる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる