てるてる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳死・臓器移植関連のエントリー

<<   作成日時 : 2005/07/20 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脳死・臓器移植に関して、私が興味を持ったブログのエントリーを紹介します。


臓器移植法改正などに関する意見も述べているブログ

偽らんだむ日記ADVANCE!!<出る杭は打たれてもやっぱり出るぞ編>
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/

してーわけじゃねーんだよッ!!! 2005-07-18 01:19:19
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/ac1a52c359f29db8f9abb32212897b35

意思表示どうする? 2005-07-13 22:53:43
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/7d40136b698e1e27cbd71c94f1903f73

拒否権の理由 2005-07-13 21:10:59
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/91f149645463a63e8d2a881812639f08

ドナー登録方式でいくべし。 2005-07-13 08:06:18
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/4beb3e7a2ce393ef3bfff832eadab2e4

どっちもどっち移植原理主義 2005-06-15 21:35:43
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/8f009d3ec19b579171d881dd3777b60c

命題は移植推進 2005-07-12 21:30:52
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/3b49b9f25500580bc7b4f2f25b78796b

脳死・臓器移植を読む読む 2005-06-25 22:36:45
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/ade6c39e4d2981c07407ae8815a5e1a7

移植ど基礎参考書であるように 2005-06-10 11:58:00
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/6522d65a8c3dcf161a6c9e1a8f5623fd

脳死自主選択論 2005-06-03 20:32:56
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/d1a80648a0a5e72b49253400ced8be33

朝日新聞『三者三論』 2005-05-28 09:07:52
http://blog.goo.ne.jp/kigen_2005/e/33ac4e134c956f50a7169c7045c5e41d


臓器移植法その他の政治的意見は述べないブログ

とある理系学生のメモ(M1〜慣れぬナマモノ扱い)
http://d.hatena.ne.jp/mazzo46/

2005-05-19 ほげほげ■ 脳死は死か
http://d.hatena.ne.jp/mazzo46/20050519

■ Ghost in the CELL
http://d.hatena.ne.jp/mazzo46/20050623#p2

2005-07-16 疲れた・・・■ 身体がないって面白いことですね
http://d.hatena.ne.jp/mazzo46/20050716#c


*参照
脳死・臓器移植に関して議論している掲示板

生命学ホームページ 「脳死臓器移植」専用掲示板
http://322.teacup.com/lifestudies/bbs

スギケンのホームページ「脳死と移植」掲示板
http://web.kamogawa.ne.jp/~ichi/cre-k/sugibbs2/trees.cgi?log=&mc=n


*2005/07/22追加
脳死についての興味深い議論が紹介されているブログ

ladylakeの訪問記
2005-07-20 脳死の意味
http://d.hatena.ne.jp/ladylake/20050720


脳死と診断されたこどもさん

ブログを巡回していたら、親戚のこどもさんが
「おとなだったら脳死」といわれる状態だと診断された、
というものにぶつかりました。
家族はあきらめずにICUでの治療を望んだ、
と書いています。

http://d.hatena.ne.jp/hpys37/20050721


*2005/07/23追加
2005年5月27日付朝日新聞の記事「三者三論」の感想

日日雑感
http://nano.web.infoseek.co.jp/blog/archives/000815.html
2005年05月27日
臓器移植法改正案
こうして三者三論をみていくと、問題点が見えてくる。
現行法の見直しは、したほうがいいのかもしれない。でもそれは、法改正することとは限らない。
まず、脳死をシビアに理解することが必要だ。命の贈り物という砂糖菓子のような言葉や、ドナーカードの天使のイラストに惑わされてはいけない。脳死臓器移植とは、「私が生き長らえるために、あなたの命を下さい」ということだと知ることだ。
まずこのあたりのことがらを十分にすべきだし、そうすることで理解が広まり、社会の合意も形成され、問題点が整理されてくるのではないか・・・。

どうしても法改正をするというのであれば、「臓器移植の場合に限り脳死を人の死とする」というより、「脳死判定で脳死と判断された場合に限り臓器移植を行うことができる」としたほうが受け入れやすいのでは・・・?
そのうえで、臓器移植のための脳死判定を受けるか拒否するかは、本人と家族の意思次第とするのがいい。現行法でも、つまるところは残された家族が決断を迫られるのだ。家族がその問題に直面した時、やはり事前に本人の意思表示があったほうが、問題を受け止めやすいのではないかと思う。
15歳以下の子どもの場合については、その周辺の問題を整理し、必要な対応をしてからの話だ。改正案の親族への優先提供も、同様だ。

いずれにしても、この問題はいずれ私たち自身の問題となると受け止めることが、大切なのかもしれない。そう受け止め考えるためには、まやかしではない知識・情報が必要となる。改正案を提案する前に、すべきことがまだまだたくさんあるのでは・・・?

投稿者 kts : 2005年05月27日 10:17



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳死・臓器移植関連のエントリー てるてる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる